市民文教委員会 

私が委員長を務める、市民文教委員会が3/9(月)に開かれ、市民課、市民協働、幼稚園保育園、小中学校、

生涯学習関係に関する議案、今年度補正、来年度予算について審議されました。

 

内容等については、本会議終了後に報告させていただきますが、教育関係はまさに

新型コロナウィルスの関係で、日々の対応に苦慮しているところです。

その関係もあって、極力委員会の開催時間を短縮できるよう各委員に取り計らい頂きながら進めました。

来年度予算では、

・新たに予定されている18歳までの入院費の無償化

・昨年10月から始まった幼児教育の無償化

・小中学校の全特別教室に空調を設置外壁などの大規模改修

・住吉幼稚園の移転準備他私立保育園の設立補助などが盛り込まれた予算提案がされました。

過去最大規模の予算提案となっていますが、コロナウィルスの関係などで、何らかの影響があると考えます。

しっかりとウォッチしていきたいと思います。

 

 

このウィルス対策では、学校の休業と学童クラブの時間延長、自主登校教室の設置、

公共施設の一部閉館など様々な対応をしています。また、さくらまつりの中止、大相撲刈谷場所の中止など

大きなイベントに影響が出ています。本会議最終日(3/23)に行われる予定でした

市役所庁舎でのフロアコンサートも中止となりましたのでお知らせします。

 

少しでも早い終息を願います。皆様も罹患しないよう、お気をつけください。